Monthly Archives: October 2018

映画『南極料理人』レビュー

冬の気配も近づいてきましたね。衣替えはもうお済みでしょうか。あたたかい格好をしてあたたかい飲み物を用意したら今夜は『南極料理人』を観てほっこりしませんか?過酷な環境である南極を舞台に繰り広げられる、軽快なコメディー要素たっぷりの物語です。

 

『南極料理人』とは

2009年に公開された邦画です。原作である「面白南極料理人」は海上保安官出身である西村淳さんのエッセイ。映画は複数の賞も受賞しています。

監督・脚本は沖田修一。その他作品は映画「横道世之介」など。

主演は堺雅人。NHKの大河ドラマ「新撰組!」で山南敬助、「篤姫」では徳川家定役を演じています。また「リーガルハイ」「半沢直樹」などの主演で個性的なキャラクターを演じたことでも有名な俳優です。

 

キャストが個性豊か

終始ひょうひょうとした堺雅人の演技が、あまりに過酷さを感じさせないため思わずここ「南極」なんだよね?という気持ちになります。それだけでなんだかおかしな世界に引き込まれている感覚なのです。さらに、料理人を任された堺雅人演じる西村とともに過酷な環境下で働く南極越冬隊員たちを演じるのは、生瀬勝久、きたろう、古館寛治…とこれまた個性豊かでユニークなキャスト。私はこのキャストを目にしただけで「あ、これはおもしろいな」と思わずうなずいてしまいました。

 

食事って大事、調理法も大事

ひたすら真っ白な景色の中で淡々とこなされていく仕事。一歩外に出れば命の危険にさらされる氷点下54℃以下の過酷な世界。電話もとても高いのでたまにしかかけられません。室内での楽しみは限られ、狭い空間の中でゲームをしたり本を読んだり。そんな日々の中で彼らの何よりの楽しみといえば食事です。限られた条件の中で料理人西村はさまざまな工夫をして彼らの胃袋を満たします。そのアイディアや工夫は実際料理に取り入れたくなるものもあったりと、観ていてためになるシーンも盛り込まれていて興味深かったです。

南極で食べる料理のイメージといえば、私は宇宙食のようなものを思い浮かべていました。火などほとんど使わずに食べられる、シンプルで簡単な食事の毎日なのかなと。ところが意外なことにそれはそれは豪華でビックリ。観ているあいだにきっと何度かおなかが鳴ると思います。私は鳴りました。

そして調理法って大事なんだなぁ、と感じるシーンも。いくら豪華とはいえ、なし、な料理もあるんです。ふつうの生活の中で食べられるって言われたらかなりテンションあがるはずです。でもやっぱり、なし、なんでしょうね、きっと。これ以上言うとネタバレになるので言えませんが、つまりは調理法って大事なんだなぁということです。

そして毎日何気なく食べている食事って、大事なんだなぁと感じさせられます。人がどうしてもどうしても無性に食べたくなるものって…シンプルだったりするんですよね。いくら豪華な食材が並んでいても、本当の欲求が満たされない隊員たちは耐え切れずひっそり暴走を始めます。この映画を観終わったあとの夜食はこれで決まりですね。きっといつもに増してめちゃくちゃおいしく感じると思います。

 

世界観がなんともいえない

作中に出てくる色とりどりの料理は、観ているだけでも楽しくなります。南極ってかなり豪華なもの食べられるんだなという意外さと料理人の技のすごさに魅了される2時間です。

厳しい環境下で隊員たちのストレスも溜まっていくなか、メンタルのケアもしながらさまざまな工夫をこらす西村の役割はとても大きなものです。むしろ堺雅人がひょうひょうと演じてくれなければ観ている側が疲れてしまうかもしれない内容ともいえます。ドラマ、リーガルハイとはまた違った堺雅人らしいこのキャラクターが妙にしっくりきているから面白みが増しているんでしょうか。このキャストだと撮影中、どれくらいアドリブがあったんだろうなぁと想像しながら観ているとまた楽しめました。かなり自由そうな人たちばかりなので、南極という過酷な環境設定とゆるーい個性派キャストのゆるーいやりとりというギャップがなんともいえない空気感を醸し出しています。

 

すごく寒そうなシーンはたくさん出てくるのですが、ストーリーとしては最後まで力まずに観られます。寒い日の週末に思いきりあたたかくして、のんびりと過ごす時間にぴったりな作品ではないでしょうか。家族で観るのもよし、カップルで観るのもよし、ひとりでのびのびと観るのもいいですね。

 

おすすめミュージカル映画6選

日が暮れるのもだんだんと早くなってきましたね。秋の夜長をどうお過ごしでしょうか?秋といえば芸術の秋。過ごしやすくなった部屋でのんびりとくつろぎながら、ミュージカル映画を楽しんでみてはいかがですか。ライトからディープなものまで、おすすめの6作品をご紹介します。

 

 

マンマ・ミーア!

2018年8月には今作でおなじみのキャストを迎えて「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」が公開されました。ギリシャの小島が舞台となっており、白い建物と鮮やかな海のコントラストが美しく、その世界観に魅了されます。ABBAの名曲とともに繰り広げられるストーリーで、観終えたあとはきっとABBAを口ずさんでいるでしょう。コメディ要素も織り込まれたハートウォーミングなミュージカル映画に仕上げられています。

 

ロッキー・ホラー・ショー

ハロウィンのこの時期に観たくなるのがこちらの「ロッキー・ホラー・ショー」です。ラブラブのカップルが迷い込んだお城は何とも奇妙な人たちが集うパーティの真っ最中で…。ひと目見たら忘れられないフランクン・フルター博士のインパクトに圧倒されること間違いなし。1976年の作品ながら、今観てもハマる人はどっぷりハマる、ひとクセもふたクセもある奇妙なホラーコメディ映画です。

 

美女と野獣

ディズニーアニメ「美女と野獣」が実写化し、大ブームとなったのが記憶に新しいのではないでしょうか。美しいベルと、呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子との真実の愛を描いた物語。ポットや燭台が動き回り話しだしたりとファンタジー要素も満載で、ミュージカル映画に慣れていない人も鑑賞しやすい作品でしょう。主人公を演じる「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのエマ・ワトソンは、ベルの聡明なキャラクターにぴったりです。

 

シカゴ

刑務所というシリアスな舞台で繰り広げられるストーリーながら、観ていて爽快な気分にもなる映画。女という生き物のどこまでも貪欲でしたたかな姿がだんだんと格好よく見えてくるから不思議です。最低なキャラクターなのにキャサリン・ゼタ=ジョーンズがとにかくかっこいい!出てくる女性はみなセクシーな衣装で歌い踊るのですが、クールな色気に引き込まれます。スカッとしたい気分のときにおススメです。

 

ヘアスプレー

主人公トレイシーは太った女の子。けれどそんなことを気にしない天真爛漫な性格で、ダンスと歌が大好き。黒人差別というテーマながら、軽快なダンスと歌で進行していく爽やかなストーリーに仕上がっています。あたたかで優しい家族の存在も印象的。ジョン・トラボルタ演じるちょっと過保護なママもステキです。観終わったあとは思わず踊りだしたくなるような、ハッピーな気持ちになれるミュージカル映画です。

 

ラ・ラ・ランド

アーティストと女優という、夢にやぶれた二人の男女が出会い、恋に落ちてゆくラブストーリー。人生というそれぞれが持つ波長が合ったとき、人や運命は出会うことができますが、ズレれば永遠に手に入らないものとなってしまいます。そんなはかなさの中で生きながら、人は小さな幸せをひとつずつ拾い集めてゆくのでしょう。ファンタジーを盛り込みながらも、物語はしっとりと進行してゆきます。挫折を知る大人だからこそ観てほしい、心のすみまで染み渡る映画です。

 

 

ミュージカル映画は好みがはっきりと分かれるジャンルのひとつですよね。落ち込んでいたかと思えば突然歌い出し、スクリーンを所せましと舞い踊る、そんな不自然さに苦手意識を持つ人もいらっしゃると思います。今回は、そんな抵抗感を抱いている人でも観やすく、おもしろかった!と評価されている作品をピックアップしてみました。

ふだん鑑賞する映画は専門ジャンルが決まっているという人も、この機会にミュージカル映画の魅力にふれてみてはいかがでしょうか。歌や踊りを通して伝えられるメッセージや雰囲気、ストーリーの中で刻まれるリズムの小気味よさ、誘われる世界観に身をゆだねてみると、新しい感覚が待っていることでしょう。

ハロウィンのシーズンになると観たくなる「ロッキー・ホラー・ショー」やハッピーになれる「ヘアスプレー」など、ひとくちにミュージカル映画といってもさまざまなテイストのものがあります。泣きたかったり笑いたかったり、気分転換をしたかったり。その日の気分に合った作品がたくさんありますので、今の自分にぴったりなものをセレクトしてミュージカル映画ならではの世界を堪能してみてくださいね。