『カツベン!』が映画初日満足度ランキング首位!館内は大きな笑い声が

豪華キャスト出演のカツベン!が1位

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000002-ykf-ent

2019年12月13日、14日公開のぴあ映画初日満足度ランキングが公開された。

「ぴあ」の調査の結果、映画初日満足度ランキングは成田凌主演の人情劇『カツベン!』が93.4点で首位となっている。

カツベンは、『舞妓はレディ』や『Shall we ダンス?』など有名作品を手がけた周防監督が、映画がサイレントだった時代に活躍した弁士たちの人間模様を描いた痛快エンタテインメント・コメディだ。

主人公の一流活動弁士を夢見る青年は、成田凌が演じ、その他黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、竹中直人、渡辺えり、井上真央、小日向文世、竹野内豊ら豪華キャストがずらり。

映画館では、クスクスと笑う感じではなく、まるで漫才を見ているかのように声を出して大笑いするお客さんがいるほど。キャスト本人たちも、楽しそうに演じている様子だ。

さて、そんなカツベンの次にランクインしたのは、92.6点『つつんで、ひらいて』。3位には『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』で92.1点、4位には『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』で91.9点、5位には『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』で90.9点と続いた。

ピクノジェノール 効果

さて、そんな2019年12月13日、14日公開のぴあ映画初日満足度ランキングのトップ10一覧は以下の通り!

1位『カツベン!』93.4点
2位『つつんで、ひらいて』92.6点
3位『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』92.1点
4位『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』91.9点
5位『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』90.9点
6位『家族を想うとき』90.5点
7位『ジュマンジ/ネクスト・レベル』90.0点
8位『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』86.6点
9位『ぼくらの7日間戦争』85.0点
10位『屍人荘の殺人』84.8点

なお、本ランキングは、12/13(金)、12/14(土)に公開された新作映画14本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査されたものです。

ちなみに、個人的にはカツベン、映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!、スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班の3作を鑑賞したが、8位のスピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班がイチオシ!