Tag Archives:

おすすめミュージカル映画6選

日が暮れるのもだんだんと早くなってきましたね。秋の夜長をどうお過ごしでしょうか?秋といえば芸術の秋。過ごしやすくなった部屋でのんびりとくつろぎながら、ミュージカル映画を楽しんでみてはいかがですか。ライトからディープなものまで、おすすめの6作品をご紹介します。

 

 

マンマ・ミーア!

2018年8月には今作でおなじみのキャストを迎えて「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」が公開されました。ギリシャの小島が舞台となっており、白い建物と鮮やかな海のコントラストが美しく、その世界観に魅了されます。ABBAの名曲とともに繰り広げられるストーリーで、観終えたあとはきっとABBAを口ずさんでいるでしょう。コメディ要素も織り込まれたハートウォーミングなミュージカル映画に仕上げられています。

 

ロッキー・ホラー・ショー

ハロウィンのこの時期に観たくなるのがこちらの「ロッキー・ホラー・ショー」です。ラブラブのカップルが迷い込んだお城は何とも奇妙な人たちが集うパーティの真っ最中で…。ひと目見たら忘れられないフランクン・フルター博士のインパクトに圧倒されること間違いなし。1976年の作品ながら、今観てもハマる人はどっぷりハマる、ひとクセもふたクセもある奇妙なホラーコメディ映画です。

 

美女と野獣

ディズニーアニメ「美女と野獣」が実写化し、大ブームとなったのが記憶に新しいのではないでしょうか。美しいベルと、呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子との真実の愛を描いた物語。ポットや燭台が動き回り話しだしたりとファンタジー要素も満載で、ミュージカル映画に慣れていない人も鑑賞しやすい作品でしょう。主人公を演じる「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのエマ・ワトソンは、ベルの聡明なキャラクターにぴったりです。

 

シカゴ

刑務所というシリアスな舞台で繰り広げられるストーリーながら、観ていて爽快な気分にもなる映画。女という生き物のどこまでも貪欲でしたたかな姿がだんだんと格好よく見えてくるから不思議です。最低なキャラクターなのにキャサリン・ゼタ=ジョーンズがとにかくかっこいい!出てくる女性はみなセクシーな衣装で歌い踊るのですが、クールな色気に引き込まれます。スカッとしたい気分のときにおススメです。

 

ヘアスプレー

主人公トレイシーは太った女の子。けれどそんなことを気にしない天真爛漫な性格で、ダンスと歌が大好き。黒人差別というテーマながら、軽快なダンスと歌で進行していく爽やかなストーリーに仕上がっています。あたたかで優しい家族の存在も印象的。ジョン・トラボルタ演じるちょっと過保護なママもステキです。観終わったあとは思わず踊りだしたくなるような、ハッピーな気持ちになれるミュージカル映画です。

 

ラ・ラ・ランド

アーティストと女優という、夢にやぶれた二人の男女が出会い、恋に落ちてゆくラブストーリー。人生というそれぞれが持つ波長が合ったとき、人や運命は出会うことができますが、ズレれば永遠に手に入らないものとなってしまいます。そんなはかなさの中で生きながら、人は小さな幸せをひとつずつ拾い集めてゆくのでしょう。ファンタジーを盛り込みながらも、物語はしっとりと進行してゆきます。挫折を知る大人だからこそ観てほしい、心のすみまで染み渡る映画です。

 

 

ミュージカル映画は好みがはっきりと分かれるジャンルのひとつですよね。落ち込んでいたかと思えば突然歌い出し、スクリーンを所せましと舞い踊る、そんな不自然さに苦手意識を持つ人もいらっしゃると思います。今回は、そんな抵抗感を抱いている人でも観やすく、おもしろかった!と評価されている作品をピックアップしてみました。

ふだん鑑賞する映画は専門ジャンルが決まっているという人も、この機会にミュージカル映画の魅力にふれてみてはいかがでしょうか。歌や踊りを通して伝えられるメッセージや雰囲気、ストーリーの中で刻まれるリズムの小気味よさ、誘われる世界観に身をゆだねてみると、新しい感覚が待っていることでしょう。

ハロウィンのシーズンになると観たくなる「ロッキー・ホラー・ショー」やハッピーになれる「ヘアスプレー」など、ひとくちにミュージカル映画といってもさまざまなテイストのものがあります。泣きたかったり笑いたかったり、気分転換をしたかったり。その日の気分に合った作品がたくさんありますので、今の自分にぴったりなものをセレクトしてミュージカル映画ならではの世界を堪能してみてくださいね。

2018年9月秋公開の注目映画6選

最近、感動していますか?泣いていますか?ドキドキしていますか?2018年9月の映画は様々なジャンルで注目したい作品がそろっています。疲れで凝り固まった心を、ちょっと映画でほぐしてみませんか。9月注目の公開作品、その中の一部をご紹介していきます。

 

クワイエット・プレイス

監督、共同脚本、製作総指揮:ジョン・クラシンスキー 出演:ジョン・クラシンスキー、エミリーブラント

音を立てるとやってくる“何か”から生き延びるため、物音を立てず、手話で会話をして息を潜めながら過ごす1組の家族。この作品を観るなら、ポップコーンを食べる手は90分間止まることでしょう。静寂の中で生き抜く家族の緊張感が観るこちら側にもひしひしと伝わってきます。恐怖の末に待っているのは感動でしょうか、それとも絶望でしょうか…低予算ながらアメリカで異例の大ヒットとなった注目作品です。

 

君の膵臓をたべたい

監督脚本:牛嶋新一郎 出演:CV 高杉真宙、CV Lynn

「きみすい」の愛称で大ヒットした実写映画がまだ記憶に新しいのではないでしょうか。こちらはその原作小説のアニメ版となります。陽の光とともにやわらかいタッチで描かれているアニメーションが優しく印象的です。病を患いながらも明るく振る舞う少女と「僕」の、はかなくもせつない青春ストーリー。実写版をすでに鑑賞済でネタばれしていても、また違ったテイストで描かれる世界観に魅了されることでしょう。

 

プーと大人になった僕

監督:マーク・フォスター 出演:ユアン・マクレガー、プー(声の出演:ジム・カミングス)

大人になると、誰しもが忙しさを理由に本当に大切なモノを忘れてしまっている気がしませんか。せわしない毎日に少し疲れてしまったという人にオススメしたいのがこちらの作品。あのくまのプーさんと仲間たちが森を飛び出し、実写となってロンドンの街に登場。主人公に懸命に、そして優しく、本当に大切なモノを教えてくれます。外はどんどんと寒くなってきますが、この映画で心をそっとあたためてみてはいかがでしょうか。

 

響 HIBIKI

監督:月川翔 出演:平手友梨奈、柳楽優弥

活字離れが進む現代に現れた天才少女、響。彼女の小説は文学界を揺るがすほどのものでした。その才能に注目が集まり、響の生き方やその行動も知られることになります。響のその姿は周りの人間の価値観をも変えるほどまっすぐで、自分の信じる生き方を決して曲げません。流されて生きることに慣れてしまった自分をハッとさせてくれます。欅坂46のセンターで知られる平手友梨奈が主役ということでも注目される作品です。

 

かごの中の瞳

監督/脚本:マーク・フォスター 出演:ブレイク・ライヴリー、ジェイソン・クラーク

二人で穏やかに暮らす夫婦。手術によって妻の目が見えるようになり、これからは新しく素晴らしい日々が始まる、はずでした。初めて見る夫の顔、初めて見る日常の風景…。今まで描いてきた世界との違いに戸惑いながらも、妻は「見える世界」になじんでゆきます。化粧をし、しゃれた服で着飾って新しい世界を謳歌する妻。しかし、変わっていく妻を受け入れきれない夫は次第に嫉妬に狂うようになります。平穏だった二人の関係は少しずつ歪んでいき…。人間が変化に揺れ動くさまを鋭く鮮明に描いた作品です。

 

コーヒーが冷めないうちに

監督:塚原あゆ子 出演:有村架純、伊藤健太郎

こちらはベストセラーとなった小説「コーヒーが冷めないうちに」を映画化した作品です。ある席に座り条件をすべて満たすと、戻りたい時間に行けるという不思議な喫茶店「フニクリフニクラ」が舞台。そこへさまざまな事情を抱えた人々が訪れるというファンタジーテイストな物語となっています。この作品を観た帰りには、美味しいコーヒーを求めてフラリと喫茶店に立ち寄りたくなるかもしれません。有村架純演じる時田数が淹れてくれたら、私もあの日へ戻れるかも…。

 

今回は6作品をホラーあり、ファンタジーあり、人間ドラマありでご紹介しました。気になる作品はありましたか?ふだんはDVD派という人も、季節も過ごしやすくなってきましたし、スクリーンで思いきり堪能してみてはいかがでしょうか。9月公開の新作品、ぜひ映画館へ足を運んでご鑑賞ください。