Tag Archives:

映画『最強のふたり』(吹き替え版)レビュー

2011年のフランス映画で、実話に基づいて描かれた作品です。頚椎を損傷し、頭以外が麻痺した富豪と、その介護をすることになった貧困層の青年との物語。富豪フィリップをフランソワ・クリュゼが、介護人ドリスをオマール・シーが演じています。

 

鑑賞のきっかけ

この作品が当時かなり話題になっていたことは知っていましたが、少し難しそうだな、という勝手な思い込みからなかなか観ようという気になりませんでした。テレビでの放映をきっかけに吹き替え版を鑑賞したら、コミカルに描かれた二人の友情に笑いが止まりませんでした。思い込みってもったいないですね。この映画を観られてよかったです。次は字幕版を観て、表現の違いを感じてみたいです。

 

ふたりの出会い

ドリスはフィリップと出会い、その姿を見て「厄介だな」とひとこと。障害者ということへの妙な遠慮や配慮という言葉は彼には無縁でした。なんだか、サインひとつもちょっとやりにくそうだね、というくらいの感覚で障害を捉えるドリスがとてもいい味を出しています。フィリップはそんな遠慮なしにくるドリスを気に入ります。フィリップにとって障害への気遣いなどは不要なものでした。ひとりの人間として接するという、当たり前のように思えることがなかなか出来ていなかったりするものだな、と考えさせられます。けれど終始、物語のタッチは軽やかで、バックミュージックにはクラシックが流れていたり高そうな絵画が飾られていたり、たとえ高級な家具のそろった部屋が登場していても、ドリスが片っ端からその緊張感を解いてくれるという感じでとても観やすかったです。たくさん笑ってしまいました。

 

人と人

慣れない介護に戸惑いながらも、ちょっと雑な世話をドリスなりに一生懸命こなしていきます。フィリップが口に棒を加えてページをめくりながらの読書中、携帯が鳴ると「はい」と手渡すドリス。自分がボタンを押して携帯を耳にあてるのだということに気が付かず、ごめんごめん、フィリップが読書用の棒をくわえたままで話せないことにも気づかず、ごめんごめん、といった調子です。そんなドリスの姿をフィリップはうれしく思っていました。障害者という見方をしていないからこその言動に、ときに迷惑がりながら一緒に笑い転げる関係がだんだんと築き上げられていたのです。そのあたたかみのあるエピソードにほっこりさせられます。

 

深まる絆

作中では短期間で彼らの関係が一旦終わりを迎えます。しかし、元となった実話では10年間にわたりパートナーとして生活をしていたそうなので、その友情と絆はとても深いものだったことが分かります。

ある日フィリップが薬の効かない発作を起こし、息をしたいとドリスに頼みます。真夜中にも関わらずドリスはフィリップに毛布をかけて外へと連れ出し、一緒にパリの風に当たりながら、街を歩きました。そのうちフィリップの発作もおさまり、落ち着きを取り戻したのでした。この「息をしたい」というワードが何シーンかに出てきます。字幕版でどういう表現をされているのか気になるところです。フィリップが想い人と初めて会うというときも、障害者であることを知られる恐怖からお酒をあおり、待ち合わせ時間直後になってドリスに電話をして「息をしたい」と懇願します。ドリスは詳しいことは聞かずに彼をその場から連れ出すのでした。

 

言葉のいらない関係

二人がドリスの家庭の事情から別れを決断してしばらくしたとき、フィリップは再び発作に襲われるようになります。気難しいフィリップに担当はコロコロと変わり、彼自身も不安定な状態になっていました。呼び戻されたドリスは変わり果てた彼の姿を見て、彼に「息」をさせるため、パトカーに追われながらも海が見渡せる場所へと連れて行きます。本当のフィリップの気持ちを察することができるのはドリスでした。海を目の前にしたフィリップは生きることを思い出したように、目に涙を浮かべました。

事情を説明しなくても、息苦しさから解き放つ方法が分かるフィリップとドリスの関係は、介護人と障害者という枠をとっくに越えていました。これこそが絆なんだなと感じさせられるシーンが「呼吸」というキーワードで表現されていて、こちらもそのたびに深く深呼吸したくなるような気持ちになります。

 

友情をも越えた深い絆を、終始重くなりすぎない軽やかなタッチで丁寧に描かれている作品でした。モデルとなったふたりの関係は今も続いていると締めくくられています。